News

きれいにする心

2013年09月20日

90002

昔から絵図にも描かれていたほうきやはたき、たわしなどの掃除道具は、

今でも形が変わることなく愛用されている日本の逸品といえます。

また江戸時代には、“もったいない”文化を尊重するかのごとく、

不要な綿の服を何枚も重ねて雑巾を縫っていました。

拭き掃除はとても体力を使うため、

寺子屋の時代から教育面でも授業の一環とされてきました。

道具は変われど、「きれいにする心」は変わらず受け継いでいきたいものです。

****************************************************

未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、

収納たっぷり おそうじ簡単  高齢者、障がい者、

みんなが 使いやすい お住まいです。

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

****************************************************