News

すべては収納で決まるスッキリ術

2014年11月01日

11003

家が狭いから、収納が少ないから、と片付かないことに理由付けしていませんか。

収納にはいく つかポイントがあります。まずは使用頻度と見た目の美しさ。

よく使うものは取り出しやすく、しまいやすい場所が最適ですが、

ごちゃごちゃする 場合は扉付きの棚や引き出しが向いています。

また、どこに何を収納するかを考えるとき、一箇 所に集めて保管する「集中型」と、

使う場所に 合わせて保管する「分散型」に分けてみましょう。

「集中型」の代表はウォークインクローゼットです。

まばらな大きさのものや、不揃いの家具など雑 然としがちなものたちを、

すっぽり収納できます。 次に目的に合わせてしまう「分散型」ですが、

こちらは使う場所に合わせて収納。

「便利かも」と いう思いつきでむやみに家具を購入せず、

今ある収納におさまる分量に なるよう必要なモノを見 極めることが大切です。

収納には目一杯つめこ まず、できれば2割ほど は余裕をもたせて、

季節ごとに整理をし、適度な 空間を保ちましょう。

*******************************************************

未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、

収納たっぷり おそうじ簡単  高齢者、障がい者、

みんなが 使いやすい お住まいです。

オリジナル キッチン、オーダーメイド 家具

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

*******************************************************