News

ミラーを使って奥行きを表現する

2014年08月30日

5023  5024

狭く感じている空間に、視覚的な効果を使って広く見せる方法として、

「ミラーを使う」こともおすすめです。

このテクニックは、よくレストランやショップなどに取り入れられていて、

「すごく広く見えて、まだ奥があったのか」と思ったことはありませんか?

というように、できるだけ大きめのミラーを部屋に取り入れることで、

そのような“目の錯覚を起こす”効果を活かして、

全体に奥行が出て、とても広く見せることが可能です。

たとえば、イラストのように、部屋の半分を占める寝室のクローゼットの扉を、

ミラーに変えるだけで、随分と奥行が出て広々と過ごすことができます。

さらに写り込むことを考えて観葉植物を置けば、

グリーンあふれる空間に見せることもでき、もちろん姿見としても重宝します。

日中の反射なども考えながら上手に取り入れてみましょう。

*******************************************************

未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、

収納たっぷり おそうじ簡単  高齢者、障がい者、

みんなが 使いやすい お住まいです。

オリジナル キッチン、オーダーメイド 家具

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

*******************************************************