News

リビングを家族でシェアするすすめ

2013年02月06日

0202

面積が狭い日本の住宅事情においても、

やはり、リビング・ダイニング・キッチン・水廻り・寝室は、

限られたスペースのなかでも、必要とされます。

さらに、寝室以外の個室はあったとしても子ども部屋か

書斎くらいで、余裕のない場合が多いと思います。

そこで、昨今の住宅計画においては、リビングを広くとり、

家族でシェアすることに重きが置かれるようになりました。

たとえばお子様が遊んだり、また宿題をするのも、

家族が集うリビングで行うことで、

コミュニケーションが多くなり家族の絆が生まれやすくなります。

現実に、リビングで勉強して学力が向上したという例はよく聞きます。

PCスペースをつくって、家族で共有できるようにするのもおすすめです。

****************************************************

未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、

収納たっぷり おそうじ簡単

高齢者、障がい者、みんなが 使いやすい お住まいです。

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

****************************************************