News

会話がはずむアイランドVSペニンシュラスタイル

2014年04月10日

4005

近年多くみられるⅡ字型キッチン。

その人気の理由は、アイランド型調理台があることです。

家族でわいわい調理できるのはもちろん、対面にカウンターチェアをおけば、

ちょっとしたおしゃべりをしながら調理ができるのが魅力です。

また直線上にダイニングテーブルを置けば、全体のレイアウトもすっきりし、動線も短くなります。

4007  4006

一方でペニンシュラ型レイアウトという、L型やU型の調理台が壁から半島のように突き出したスタイル人気。

半島の部分は内側にシンク、外側にオープンカウンターを据えて対面式に。

最近はアイランド型と明確な差がありませんが、キッチンと壁面が接する部分が少ないほど、

収納キャビネットの設置スペースも少なくなってしまうことに注意しましょう。

このペニンシュラ型が人気な理由は、調理台を取り囲めること。

友達を呼んでペニンシュラに集まって料理を学びながら作り、一緒に食事を楽しむ。

家族を超えた、新たな交流型キッチンスタイルとして活躍します。

開かれたキッチン=会話がはずむ場所となって人生を豊かにします。

*******************************************************

未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、

収納たっぷり おそうじ簡単  高齢者、障がい者、

みんなが 使いやすい お住まいです。

オリジナル キッチン、オーダーメイド 家具

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

*******************************************************