News

子どもを食べ物から守る

2014年04月23日

4010

カラダの組織をつくる乳幼児から成長期においては、口にするものにも何かと気を遣います。

食品加工物や添加物が気になる家庭で最近注目されている“マクロビオティック”は、

「自然と調和をとりながら、健康な暮らしを実現する」という考え方。

身土不二(暮らす土地の旬のものを食べること)と、

一物全体(自然の恵を残さず丸ごといただくこと)という二つの原則があります。

食材というものは、丸ごとでバランスがとれているようにできているため、

たとえば穀物なら精米していない玄米、野菜なら皮や葉も栄養があり、

その全てを摂ることでカラダのバランスがとれるという考え方です。

子供や家族の健康を考えると、毎日ではなくとも、地元の野菜をできるだけ多く使って、

急ぐことなく、じっくりと手づくりしたいものです。食卓に出す料理に入っているものが

すべて把握できるような、安心で安全なものを摂っていきたいものですね。

*******************************************************

未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、

収納たっぷり おそうじ簡単  高齢者、障がい者、

みんなが 使いやすい お住まいです。

オリジナル キッチン、オーダーメイド 家具

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

*******************************************************