News

日常生活に使われている建築用語1

2011年10月07日

「一家の大黒柱」という表現のように、大黒柱という言葉は

今も日常会話の中で用いられていますが、、

これはもともとは、

「家に架かる加重を支える最も太い柱」のことを指した建築用語でした。

その言葉が転じて、

「家族など集団の長である」ことの比喩として使われるようになりました。

家の中で大黒柱を目にする機会は減ってきましたが、

家庭の大黒柱はしっかりと家族を支えていきましょう。

****************************************************
未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、
収納たっぷり おそうじ簡単
高齢者、障がい者、みんなが 使いやすい お住まいです。

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

****************************************************