News

火災に備えて

2014年10月04日

90019

毎日の料理をする際に気をつけたいのが火災です。

天ぷら油火災は、 発火点温度360~380℃になると自然発火してしまうので、

近くに消火器を置いて、家族の誰もが使えるように場所を確認しておきたいものです。

いざ火が出てしまっても、使い方がわからなければ意味がないので、

マニュアルなどを読んでおきましょう。最近の消化器は、これまでの粉末タイプと

異なるものや、お酢の成分で「カラダにやさしい」ものも出回っています。

放射された薬剤に「不安」を感じるご家庭などでは、自然派のものを準備されると良いでしょう。

また、火災報知機は、すでに義務化されていますが、

自宅用スプリンクラー、防災エプロンなども 用意しておきたいです。

キッチン以外では、火が 燃え広がることが心配なカーテンも、

最近は 燃えにくい防災カーテンがあります。ヘルメット は折りたたみのもの、

寝袋も防災素材で、 かつキャンプと併用できるなど、なるべくコンパクトなもの、

日常で楽しめるものを用意しておくと負担なくストックできますね。

*******************************************************

未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、

収納たっぷり おそうじ簡単  高齢者、障がい者、

みんなが 使いやすい お住まいです。

オリジナル キッチン、オーダーメイド 家具

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

*******************************************************