News

眠りを考えたインテリアとは

2012年11月15日

寝室のインテリアで特に気を使うべきことは、

色の濃いもの、カラフルなもの、柄の大きいものなど、

「動」や「活気」のイメージがあるものはできるだけ避けましょう。

反対に小さな柄や無地に近い壁紙で、

淡い優しい色合いのカーテンが吊ってあると、

落ち着きを感じられ、さりげなく癒されますよね。

さらに、照明プランがどうなっているかも大事です。

上を向いて寝た時に、頭の真上に豆電球が点いているよりも、

床から少し上がったくらいの高さの所で

間接照明などを使う方が、全体を照らさず安眠できます。

****************************************************
未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、
収納たっぷり おそうじ簡単
高齢者、障がい者、みんなが 使いやすい お住まいです。

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

****************************************************