News

窓を広く取ってヌケ感を

2014年08月28日

5022

狭い部屋を広く見せるには、視線の「抜け」を作ることも効果的。

「抜け」とは、視線を遮らないこと。つまり部屋に入った時、

邪魔するものがなく、視線が部屋の奥まで通るようにすれば、

開放感が楽しめます。なるべく低い家具を選び、

背の高い家具は壁際に置くようにすれば、

床面を多く見せて空間の広がりを感じさせることができます。

*******************************************************

未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、

収納たっぷり おそうじ簡単  高齢者、障がい者、

みんなが 使いやすい お住まいです。

オリジナル キッチン、オーダーメイド 家具

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

*******************************************************