News

視覚を生かしたフォーカルポイントを

2012年06月08日

部屋のなかで、視線を集める場所を「フォーカルポイント」といいます。

インテリア空間を素敵に見せるコツは、フォーカルポイントを部屋のどこかにつくること。

部屋の入り口から入って正面、または一番に視線が入ったところの壁面がおすすめです。

そこに、飾り棚やテーブル、ソファなどを配置し、その上に鏡や絵、ランプなどを置くと空間がまとまります。

さらに、草花やキャンドルを飾ると、くつろいだ雰囲気を演出することができるでしょう。

絵を飾る時、立って入る時のフォーカルポイントは、大人の場合なら150㎝前後

座っている時はやや低めの、120㎝前後といわれています。

****************************************************
未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、
収納たっぷり おそうじ簡単
高齢者、障がい者、みんなが 使いやすい お住まいです。

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

****************************************************