News

視覚効果で広さを表現するテクニック

2014年08月27日

5021

限られた空間でも、視覚効果を使うことで、広く、明るく部屋を見せることができます。

たとえば、「色」の効果を利用するなら、まずは複数の色を使わずにワンカラーで統一すること。

白は圧迫感を与えず、実際以上に部屋を広く見せる効果があるのでおすすめ。

白は太陽の光を反射してくるので、明るく爽やかな雰囲気を作る色です。

リビングルームだけでなく、子供部屋や書斎も魅力的に見せることができます。

*******************************************************

未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、

収納たっぷり おそうじ簡単  高齢者、障がい者、

みんなが 使いやすい お住まいです。

オリジナル キッチン、オーダーメイド 家具

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

*******************************************************