News

兼用できる家具えらびでスペースに余裕を

2014年06月05日

5019

左のイラストのように、キッチンの横にダイニングテーブルをおき、

リビングスペースには、ソファとリビングテーブルを置くのが

これまでの一般的なレイアウトです。

それを思いきって、右のイラストのように家具をひとつにすることで、

随分とスペースを空けることができます。

庭やインナーテラスに面しているリビングルームであれば、

ヌケ感があるだけで、とても開放的になり、

フリースペースとして様々な用途に使えるようになります。

また、リビング&ダイニングルームの兼用のテーブルは、

低めに設定されているため、視界が広がり、

部屋に入ってきた時の印象が“とても広々と見える”メリットがあります。

2~3人が座れるソファタイプなら、食べた後に寝そべることもできますし、

お客様が来た時にソファを動かせば、違った印象にもなります。

*******************************************************

未来のお住まい、未来の賃貸マンションは、

収納たっぷり おそうじ簡単  高齢者、障がい者、

みんなが 使いやすい お住まいです。

オリジナル キッチン、オーダーメイド 家具

ご相談、見学会など、お問い合わせは お気軽にどうぞ。

*******************************************************