設計ポイントの 実例

家造りのポイント  三つ どんな暮らしを望むのか

「今」をベースに  考えてみる

 

 家を建てる予算と  時期が決まり、土地も見つかったら、

いよいよ  建てたい家のイメージを煮詰めていきます。

 住宅雑誌や  TV番組などを通じて、

「あのインテリアが  素敵」「あんな暮らしがしたい」といった、

すでにもっている  イメージの断片を寄せ集めても、

新しい家の  イメージには結びつきません。

きちんと系統立てて  考えることが必要です。

 一つは、今の暮らしの  不満な点を明らかにすることです。

すべて書き出して、不満の大きいものから順位をつけておきます。

 二つ目は、反対に、今の暮らしに  気に入っていることを書き出します。

こちらも  順位をつけておきます。

 三つ目は、新しい家で  やってみたいことを  思い描きます。

これにも  順位をつけてください。

 このように「今」をベースに、地に足をつけて、

変えたいこと、続けたいこと、新たに始めたいことを  リストアップしていけば、建てたい家のイメージが  浮かび上がってくるのです。

                            コンサル未来

< 前のページへ戻る