未来からうれしい情報配信中!

設計のポイント

品質を変えず、ムダをなくして!建築費を抑えるコツ

平屋建が安くおすすめです。2階建は、階段室・2階トイレ・廊下などが必要となり、建築費が高くなります。

建築費は壁の長さで決まります。建物の形状は正方形に近いほど、建築面積が小さくて、有効面積(デットスペースが少ない)が広くなります。生活効率も良くなり、さらに建築費も安くなります。とてもお得です。

キッチン・トイレ・バス・洗面を1ヵ所にまとめると配管工事費がお安くなります。

キッチン・トイレ・バス・洗面は機能重視で選びましょう。使いやすく、お掃除 簡単が一番でお得です。

トイレに段差をつけない、また水洗いをしない方が費用は抑えられます。近年、生活様式が変わり、便器が家電製品になり、丸洗いが出来ないため、水洗いをしない方が多くなっております。またバリアフリートイレも使いやすいです。

トイレの便器はタンク式で充分です。停電時も使用可。故障が少なく、安価で安心です。

住宅の中で床が、一番メンテ費用がかかります。後々のことを考えて、少し割高になりますが、業務用の床材がおすすめです。長い目で見ればかなりお得です。
・お手入れが簡単
・ワックス不要
・キズが付きにくい
・ペットの尿にも強い
・日焼けしにくい

家具類、食器棚、くつ箱、お仏壇などは、ネット、家具店、ホームセンターで購入した方が造作家具で造るより、ずっとお安くなります。

全体的に見て、昔の外人住宅の感じが最安でおすすめです。外人住宅の欠点を補強しておくのが『より良い家造り』です。
① ブロック造 → RC造にする。
 🔗『未来のエコな住い 概要』
 🔗『建物の強度 地震 台風 塩害 シロアリ 耐久性が気になります』

② 結露 → 湿度対策について
沖縄は海に囲まれている為、湿度は平均で80%近くです。 
沖縄での生活には、除湿は避けられません。

③ 除湿器の電気料はケチらないで。(諦めてください)
カビ・お掃除・健康・シロアリ・内装材の劣化などを計算すると、除湿した方が、気持ちよく生活
  できて、お得です。
  🔗『結露 カビ 湿気 健康が 気になります』

既製品の寸法に合わせて、少しガマンして生活するより、自分の寸法に合わせて設計。使いやすい家で自分らしく暮らす。
『使いやすい家』と『使いづらい家』では永い間には、天と地の開きになります。

*品質を変えず、無駄なく建築費を抑えるコツは、まだまだ多くあります。詳しくはお問合せください。