床下について 地熱の利用

気になることは、「未来のエコな 住い」で 解決

自然の力を活かす

 

 沖縄の気候に適したパッシブ住宅とは庇等の日よけ、地熱の利用、雨水利用施設、遮熱性複合ガラス等、住宅設計に係わるもののみならず、植栽やすだれ等住居者が手軽に設置可能なものも大切である。

熱源はあくまでも「自然」。それ以上でも以下でもありません。温熱環境の面から言うと「パッシブ」空調、つまり自然のチカラをそのまま利用し、建築手法や工夫によってそれを最大限に活かすシステムなのです。

 

 

< 前のページへ戻る